アバウト速報

ニュース・ネタをまとめています 主に夜に更新 寝る前の暇つぶしにどうぞ。。。

    韓国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    引用元: ・韓国兄さんの検査方法、ヤバイ

    1: 名無し(o'ω'n) 20/03/24(火)13:46:10 ID:0xs
    新型コロナウイルス、韓国国防部、速成コロナ検査法で物議

    .検査を速やかに終えたいとして、4人分の検体を混ぜて一度に検査するよう陸軍訓練所などに命令を下していたことが23日までに分かった。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/24/2020032480072.html

    【【悲報】韓国兄さんの検査方法、ヤバイwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    引用元: ・韓国はGSOMIA破棄するって言ってたけど

    1: 名無し(o'ω'n) 20/03/19(木)18:59:00 ID:SRd
    結局破棄するの?

    【韓国はGSOMIA破棄するって言ってたけど...】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    引用元: ・【韓国】日本品種のサツマイモを輸出[R2/2/22]

    1: 名無しのトリビアさん 20/02/22(土)12:50:13 ID:???

    今後、日本の農産品の輸出に影響を与えそうなのが、こちらの日本品種のサツマイモです。 実は、韓国がこのサツマイモを輸出品にしようと
    動き出していました。

    韓国・ソウルの繁華街、明洞(ミョンドン)。 
    日本人観光客も多く訪れる屋台が立ち並ぶ、その一角に… 横堀記者「こちらでは日本でもおなじみの焼き芋が販売されています」
    売られていたのは焼き芋です。

    韓国でも最近になって日本式の焼き芋が目立つようになりました。 (略)……人気の品種があると聞き、一大生産地を訪れました。

    韓国南西部の海南(ヘナム)。 農家の倉庫に入ってみると、うずたかく積まれたサツマイモが… 栽培されていたのがこちらの「蜂蜜サツマイモ」です。
    ここ数年で一躍全国区となった品種で、いまでは韓国で栽培されるサツマイモのうちおよそ4割を占めるほどに。

    ところが… サツマイモ農家「日本では紅はるかと呼ばれているが、韓国では蜂蜜サツマイモと言っている」 なんとこのサツマイモ、
    日本の品種「紅はるか」だというのです。

    紅はるかは、日本で2010年に品種登録された比較的新しいサツマイモ。海外でも人気が高まっています。
    そんな紅はるかが、なぜ韓国でも栽培されているのでしょうか… 韓国のサツマイモ栽培に詳しい専門家に聞くと… 韓国のサツマイモ栽培に
    詳しい専門家「(農業関係者などが)日本に行った際に買ったものが持ち込まれたと考えられる。正式に輸入されたものではない」 なんと
    許可なく韓国に持ち込まれた紅はるかが、農家の間で評判になり、次々と広まったというのです。 赤道直下のシンガポール。

    街のスーパーを取材すると、あの韓国産「紅はるか」が、売られていました。
    スーパー店員「紅はるかの味とそっくり蜂蜜サツマイモと味を比べるとほぼ同じ」 韓国政府はここ数年、農産品の輸出に力を入れていて、
    韓国産の紅はるかも、シンガポールや香港などに年間およそ300トンが輸出されています。サツマイモをはじめ、ことし日本円にして
    8,000億円の農産品の輸出を目指す韓国。 日本の輸出戦略にも影響しそうです。


    テレ東 2月21日
    https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/you/feature/post_197148

    ◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 107◆ !max700
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1581118351/

    -------------------------------------
    !jien =お知らせ=
    【アク禁依頼・解除】は「政経雑談スレ」に連絡を入れて下さい
    *侮蔑語・煽り・不毛なレスバトル・レッテル貼り連呼・下品な発言・不快なaa
    ・会話不能などがアク禁対象です   (アク禁依頼・解除はレス番で!!)
    -------------------------------------

    【【韓国】日本品種のサツマイモを輸出】の続きを読む

    このページのトップヘ